PR

東京五輪 東京五輪

「海の森」など五輪3会場、4~7月に供用開始

 東京五輪・パラリンピックに向けて建設が進む、ボートなどの会場となる海の森水上競技場=東京都臨海部
 東京五輪・パラリンピックに向けて建設が進む、ボートなどの会場となる海の森水上競技場=東京都臨海部

 東京都は15日、2020年東京五輪・パラリンピックに向け整備している3施設の供用を、4~7月に開始すると発表した。各施設で実施競技のデモンストレーションを披露する完成披露式典を開き、大会に向けた機運を盛り上げる。

 江東区の「夢の島公園アーチェリー場」は4月28日に供用を始め、同日記念式典を開く。カヌー・スプリント会場となる臨海部の「海の森水上競技場」の供用開始は6月1日で、同16日に式典を開催。江戸川区の「カヌー・スラローム会場」の供用開始日と記念式典は7月6日としている。

 小池百合子知事は「供用開始後、大会組織委員会による仮設工事が予定されているが、都民にも大会準備に影響ない範囲で利用してもらうことを検討する」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ