PR

東京五輪 東京五輪

昭和の「東京五輪」原点 ピクトグラム、シンプルこそ日本らしさ

東京五輪のスポーツピクトグラム
東京五輪のスポーツピクトグラム

 2020年東京五輪のスポーツピクトグラムがお披露目された。今回制作されたのは全33競技50種類。1964年大会は20種類だった。自転車競技だけで5種類あり、56年という時間は五輪の競技数増加や種目の細分化をあぶり出す。

 ピクトグラムは64年大会の誇るべき“レガシー”だ。競技はもちろん、トイレや食堂など施設案内用も開発され、以後世界中に広まった。大会組織委員会の古宮正章副事務総長も「64年の素晴らしいピクトグラムに対するリスペクトが原点」と語る。

 ブーメランをかたどった00年シドニー大会、篆書(てんしょ)をモチーフとした08年北京大会など、近年は開催都市のイメージを表すものも多い。20年版制作にあたっても、「和」の要素を取り入れることが検討された。

 ただ、約10人の開発チームを代表し発表会に出席したデザイナーの廣村正彰氏は「日本はコンパクトに作り上げるのが得意。『和』の表層より、本質であるシンプルさを大事にした」。64年大会のデザインが、まさにそうだった。

 その上で、スポーツの躍動感という新たなエッセンスも加えた。2年近い開発期間では国際競技連盟と議論を重ね、腕や足の角度など細部まで気を配った。

 ピクトグラムは会場装飾やチケット、公式グッズなどで展開される。廣村氏は「原産国の名に恥じぬ、素晴らしいものができた」と胸を張った。 (森本利優)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ