PR

東京五輪 東京五輪

桜田五輪相「がっかり」で陳謝 野党の辞任要求は拒否

前のニュース

衆院予算委員会に臨む桜田義孝五輪担当相。手前は安倍晋三首相=13日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会に臨む桜田義孝五輪担当相。手前は安倍晋三首相=13日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 桜田義孝五輪相が競泳女子の池江璃花子(いけえ・りかこ)選手の白血病公表について「がっかりしている」と発言していたことが13日、分かった。桜田氏は同日の衆院予算委員会で「配慮を欠いた。おわびし、撤回する」と陳謝した。「治療を最優先で頑張ってほしい」とも語った。野党議員は辞任を求めたが、「職務を全うする」と拒否した。安倍晋三首相も「しっかりと職責を果たしてもらいたい」と述べた。

 桜田氏は12日に東京都内で記者団に、池江選手について「金メダル候補で期待している選手。本当にがっかりしている」と発言し、五輪の水泳競技に関し「盛り上がりが下火にならないか」と語った。「治療に専念して元気な姿に戻ってほしい」とも強調していた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は13日、都内の会合で「閣僚がかける言葉か。安倍政権の体質を典型的に表している。罷免を求めたい」と訴えた。立憲民主党の枝野幸男代表も同じ会合で「大変な病気でお嬢さんが苦悩しているのに寄り添えない。この6年余りの政治の象徴ではないか」と批判した。公明党の石田祝稔政調会長は記者会見で「がっかりしているのは(池江選手)本人だ」と述べた。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ