PR

東京五輪 東京五輪

首都高速、通行料引き上げ検討 東京五輪、渋滞対策

Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は6日、都庁で有識者を交えた「交通輸送技術検討会」を開き、大会期間中の渋滞対策として首都高速道路の通行料を引き上げる「ロードプライシング」など追加施策を検討する必要性があるとの意見で一致した。

 検討会では施策案としてロードプライシングのほか(1)ナンバープレートの番号による通行規制(2)複数人員が乗車する車両の専用レーン設置-も提示。いずれも大会期間中に限定し、トラックなど物流車両には適用しない方針という。

 ロードプライシング導入には自動料金収受システム(ETC)の改修が必要など課題もあり、検討会は国土交通省や首都高など関係機関に各施策の効果などを検証するよう要請した。組織委の担当者は「結果をふまえ、導入の成否について判断していただく」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ