PR

東京五輪 東京五輪

ユニクロ、スウェーデン代表選手らにユニホーム提供 東京五輪

パートナーシップ契約を結び、握手するファーストリテイリングの柳井正会長(左)とスウェーデン・オリンピック委員会のペテル・レイネボCEO=東京・有明(只木信昭撮影)
Messenger

 ファーストリテイリング傘下のユニクロは24日、2020年東京五輪・パラリンピックに参加するスウェーデン代表選手らにユニホームなどの衣類を提供すると発表した。ユニクロが海外の五輪選手団にユニホームを提供するのは初めて。

 ユニクロはスウェーデン・オリンピック委員会との間で今年から4年間の契約を締結。五輪開会式などのほか競技で着用するユニホームを担当する。22年に北京で開催予定の冬季五輪・パラリンピックでもスウェーデン選手らのユニホームを提供する。

 当初は既存製品の提供にとどまるが、今年後半にも選手団専用にデザインした衣料品の提供を始める。

 ファストリの柳井正会長兼社長は同日の会見で「(スウェーデンへの衣料提供を通じ)次世代の服を世界に発信できる」と意義を強調した。また「日本代表にユニホームを提供したかったが諸事情でできなかった」とも明かした。

 スウェーデンオリンピック委員会のピーター・レイネボ最高経営責任者(CEO)は「クオリティー(質)など重視した3要素にユニクロが合致した」と契約の背景を説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ