PR

東京五輪 東京五輪

「風評被害怖い」 五輪招致疑惑で関係者から困惑の声

東京五輪招致を巡る贈賄疑惑について会見する、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長=15日午前、東京都渋谷区(寺河内美奈撮影)
東京五輪招致を巡る贈賄疑惑について会見する、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長=15日午前、東京都渋谷区(寺河内美奈撮影)

 2020年東京五輪招致をめぐる贈賄疑惑で、仏司法当局の正式捜査を受けている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は15日の記者会見で、改めて潔白を主張した。ただ説明に具体性はなく、質疑にも応じず。関係者からは大会のイメージ低下を懸念する声も出ている。

 開催都市である東京都の小池百合子知事は「まずは推移を見守っていきたい」とした上で、「盛り上げの中においてこの問題は重い」と指摘した。桜田義孝五輪相は閣議後の会見で「正直なところ、イメージとしてよくない。非常に残念だ」と述べた。

 菅義偉官房長官は「疑念を払拭できるよう説明責任を果たしていただきたい」と注文。スポーツ庁の鈴木大地長官は「残念なニュース」とする一方、今後の対応については「基本的にはJOCが対処していく問題」と述べるにとどめた。

 大会を準備運営する大会組織委員会の高谷正哲スポークズパーソンは「準備自体への影響はないと考えている。1年半後に迫る大会をしっかり開催するのがミッション。今後も真摯(しんし)に取り組んでいきたい」と語った。ただ、組織委関係者は「潔白と信じたいが、風評被害が怖い。竹田会長の会見は逆効果で、失望した」と迷惑そうに話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ