PR

東京五輪 東京五輪

「司法手続きを見守るしかない」 JOC会長捜査で文科相

Messenger

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に対するフランス捜査当局の捜査について、柴山昌彦文部科学相は15日の閣議後会見で、「(フランスの)司法手続きを見守るしかない」と述べた。

 この日の会見では、記者から捜査への見解を問う質問が相次いだが、柴山氏は「フランス当局による刑事手続きの問題だと思っている。私どもとしてはコメントを差し控えさせていただく」と明言を避けた。

 竹田会長については、「やましいところはないと(竹田会長が)コメントしていることを信じたい」としつつ、「疑惑を払拭できるよう引き続き説明責任を果たしていく必要がある」と指摘。その上で、「東京五輪が祝福される大会になるべく引き続き準備を進めていく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ