PR

東京五輪 東京五輪

1兆3500億円を維持 東京五輪予算第3版、輸送増も

Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は21日、最新の予算計画の第3版を公表し、総額では昨年12月の第2版と同じ1兆3500億円(予備費除く)を維持した。計画の具体化に伴い、輸送で100億円、飲食提供関連など運営に関わるオペレーションで50億円、ボランティアに関わる管理・広報費で50億円が新たに計上されて計200億円増となったが、あらかじめ用意していた使途未定の「調整費」を一部取り崩すことなどで、全体額に変動はなかった。

 輸送は、大会関係者を運ぶ乗用車の必要台数や運行計画が具体化したことで調達費を計上。食品安全管理で必要な冷蔵、冷凍設備の費用、ボランティアでは1日1000円の交通費相当額の支給などで追加支出が発生した。一方、選手村の備品は数量などの見直しにより、費用を削減できたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ