PR

東京五輪 東京五輪

パラリンピック聖火リレー発表 各地の祭りの火も東京へ

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は21日、パラリンピックの聖火リレーの概要を発表した。五輪終了後にリレーで用いる採火式を47都道府県で行い、最後に東京で1つに集め、聖火台に火を灯す方針。五輪後も各地で大会の熱気を維持する狙いがあり、各都道府県知事に参加を要請する。

 パラリンピックの聖火リレーは、五輪選手村の閉村後から、開幕までの期間に行われる。東京大会は8月13日から25日までの13日間を予定している。

 組織委によると、リレーは、パラリンピックが、「共生社会を照らし出す」という意味合いをこめて、「Share Your Light-あなたは、きっと、誰かの光だ」がテーマ。全国で独自に採火された火と、パラリンピック発祥の地、ストーク・マンデビル(英国)で採火された火を東京で1つにして、終盤に都内でリレーする。

 組織委は採火式で使う火について、お盆の送り火や京都の五山の送り火など「地方のお祭りと連携できるといい」と説明。リレーは、障害者スポーツ施設や特別支援学校などパラリンピックにゆかりの深い場所をまわることも想定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ