PR

東京五輪 東京五輪

聖火台は臨海部にも…チケットなしでも大会感じて

聖火台の設置場所(夢の大橋)
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台が、東京都内の2カ所に設置されることになった。東京臨海部の「夢の大橋」近くに住む住民らは、五輪のシンボルでもある“大会の華”の設置を歓迎。屋外の聖火台は観戦チケットを持たない市民らも五輪を身近に感じることができるため、大会を彩る人気のスポットになりそうだ。(佐々木正明、久保まりな)

 関係機関が17日に開いた調整会議後に会見した日本パラリンピック委員会(JPC)の鳥原光憲会長は、「夢の大橋」について、「東京大会を象徴するふさわしい場所。大勢の人に見ていただき、盛り上がりにつながることを期待する」と語った。

 聖火台は、新国立競技場(東京都新宿区)に設置される「式典用」のものと共通のデザインになるという。国際オリンピック委員会(IOC)の承認を得て、正式決定する。聖火台に点火する儀式は開会式のハイライトで、聖火台の形や点火方式、最終ランナーが誰になるかなどは極秘扱いとなる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ