PR

東京五輪 東京五輪

大会スタッフ、ボランティアの愛称最終候補4案を発表

Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、大会スタッフ・ボランティアと都市ボランティアの愛称の最終候補4案を発表した。愛称は12日13時から来年1月20日13時まで、ボランティア応募完了者による投票で最終決定し、同月下旬ごろ発表される。

 4案は「フィールドキャスト/シティキャスト」「ゲームズアンカー/シティアンカー」「ゲームズフォース/シティフォース」「シャイニングブルー/シャイニングブルートウキョウ」。競技会場や選手村などで運営に関わる大会ボランティア・スタッフ、駅や空港で道案内などを行う都市ボランティアの愛称がそれぞれ対になっている。

 組織委は有識者による選考委員会で、委員や広告代理店などが提案した計149案から選考を進め、商標調査や国際オリンピック委員会(IOC)の確認を経て4案まで絞り込んだ。

 組織委が募集する大会ボランティア、東京都が募集する都市ボランティアとも、応募は21日17時まで。

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ