PR

東京五輪 東京五輪

「東京五輪に選手送る」宇都宮ブリッツェンが来季体制発表 自転車ロードレース

来季のメンバーを発表した宇都宮ブリッツェン=10日、宇都宮市の栃木県庁(根本和哉撮影)
Messenger

 自転車ロードレースのプロチーム、宇都宮ブリッツェンは10日、栃木県庁で記者会見を開き、来季の新体制を発表した。今季より1人少ない8人でJプロツアーなどに臨む。清水裕輔監督は「個々の力を高め、チームから東京五輪へ選手を出すことを目標にしたい」と抱負を述べた。(根本和哉)

 今季、Jプロツアーでは22戦中10勝を挙げ、4年ぶり3度目の年間総合優勝を達成。同ツアー以外のレースを含め、年間12度の優勝を飾った。海外チームへ移る雨沢毅明ら3人がチームを去ったが、新たにブリッツェンのシクロクロスチーム所属の小坂光、2季ぶりにチームに復帰する堀孝明の2人が加入。清水監督は「勝ち方を知っているメンバーがそろった。個々の力を上げれば、おのずと優勝は見えてくる」と選手個人の能力を向上させて勝利を目指す考えを語った。

 主将の増田成幸は「皆さんからの期待も大きくなる中、選手が集中して競技に取り組めるような環境を主将として作っていきたい」と抱負を語った。

 小坂は、自転車のオフロードレース、シクロクロスで活躍し、昨年の同競技全日本選手権王者。これまでもロードレースは経験している。「年齢的にはベテランだが、新人のつもりでゼロからロードレースと向き合いたい」と決意を新たにした。

 【残留】主将・増田成幸(35)▽副将・鈴木譲(ゆずる)(33)▽阿部嵩之(たかゆき)(32)▽鈴木龍(26)▽小野寺玲(れい)(23)▽岡篤志(23)【新加入】小坂光(30)=ブリッツェン・シクロクロスチーム▽堀孝明(26)=ブリヂストンアンカー【退団】雨沢毅明(23)▽飯野智行(29)▽馬渡(まわたり)伸弥(24)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ