PR

東京五輪 東京五輪

IOC、ボクシング除外の結論持ち越し 国際協会調査へ

理事会第1日の審議後、記者会見するIOCのアダムス広報部長(右)ら=30日午後、東京都港区
Messenger

 国際オリンピック委員会(IOC)は30日、東京都内で理事会を開き、2020年東京五輪の実施競技からボクシングを除外するかについて結論を持ち越し、国際ボクシング協会(AIBA)の組織運営を調べる調査委員会を立ち上げることを決めた。

 来年6月のIOC総会で、東京五輪でのボクシングの実施とAIBAの資格について最終的に判断する。結論が出るまでは東京五輪におけるボクシングのチケット販売、予定されているテスト大会、代表選手を決める予選などについて凍結することも決めた。

 IOCはこの日の理事会でもAIBAの財務状況や審判の公平性、組織統治などについて協議し、改善が見られないとして懸念を示した。また、AIBAの新会長に就いたラヒモフ氏(ウズベキスタン)は米財務省から「麻薬売買に関わる犯罪者」と指摘されている。

 一方、IOCのマコネル競技部長は理事会後の記者会見で「出来る限りのことをやりたい。解決策を見いだして東京五輪でボクシングを行いたい」とコメントし、実施の道を探る姿勢を強調した。IOCは3日から始まる調整委員会で、東京の組織委員会と今後の大会準備について協議するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ