PR

東京五輪 東京五輪

バッハIOC会長が安倍首相らと五輪野球会場を視察

東京五輪で野球・ソフトボールの会場となる福島県営あづま球場を視察に訪れ、子供たちと交流するIOCのバッハ会長(中央)と安倍晋三首相=24日午後、福島市(鴨川一也)
Messenger

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が24日、安倍晋三首相らと2020年東京五輪の野球・ソフトボール会場となる県営あづま球場(福島市)を視察した。

 あづま球場では「復興五輪」の象徴として、野球とソフトボールで計7試合が実施される予定。首相とバッハ氏の16年の会談が決め手となったこともあり、首相は「希望をかなえていただいたことを国民を代表して御礼したい」と謝辞を述べた。

 地元の野球少年らから歓待を受けたバッハ氏は「心の復興にはスポーツが大切な役割を果たす。あの時考えたことは正しかった」と強調。首相は「スポーツの力を示す場所として、福島県はふさわしい。子供たちに夢や希望や勇気を与える五輪にしたい」と応じた。

 バッハ氏は28、29日の各国オリンピック委員会連合(ANOC)総会出席などのため来日した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ