PR

東京五輪 東京五輪

五輪マラソン開始前倒しへ 6時号砲案を軸に調整 厳しい暑さに配慮

桜田五輪相(右)に、東京五輪のマラソン競技開始時間を早める要望書を手渡す日本医師会の横倉義武会長(中央)=20日午後、内閣府
Messenger

 2020年東京五輪のマラソンのスタート時間を、大会組織委員会が現在の計画の午前7時開始から前倒しする方針であることが21日、分かった。厳しい暑さに配慮したもので、関係者によると、6時開始とする案を軸に関係機関と本格的な調整に入る見通し。

 マラソンのスタート時間は招致段階の計画では7時半だったが、暑さ対策として7時に早め、7月に国際オリンピック委員会(IOC)の承認を得た。しかし、今夏の猛暑を受け、さらなる対策の必要性が浮上。自民党は大会に合わせたサマータイム(夏時間)導入を検討したが、システム改修が難しいことなどから断念した。

 10月末には日本医師会などが組織委に選手の熱中症のリスクが高いとして開始時刻をさらに1時間半前倒しするべきだとする要望書を提出し、組織委では再度の変更について検討を進めていた。

 8月のジャカルタ・アジア大会のマラソンは午前6時スタートで実施された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ