PR

東京五輪 東京五輪

日本医師会など、マラソンの午前5時半スタートを要望 東京五輪

桜田五輪相(右)に、東京五輪のマラソン競技開始時間を早める要望書を手渡す日本医師会の横倉義武会長(中央)=20日午後、内閣府
Messenger

 2020年東京五輪で酷暑が懸念されているマラソンについて、日本医師会と東京都医師会は20日、桜田義孝五輪相と面会し、スタート時間を現状の午前7時から同5時半に前倒しすることを要望した。桜田氏は「医学的見地からご意見いただきありがたい。要望があったことは(大会組織委員会などに)報告させていただく」と述べた。

 要望書では午前7時のスタートを「(暑さ)対策として十分とはいえない」とした上で「選手のみならず関係者や観客が熱中症になる危険性が高くなれば、救急出動が増加することで医療機関や一般の患者にも影響が及ぶことになる」と懸念している。

 また競歩は現状午前6時スタートの男子50キロについて(1)午後6時半スタート(2)午前3時半スタート(3)コース上に天幕を設置-のいずれかの対策を取ることも提言した。

 日本医師会などは10月、組織委にも同様の要望書を提出している。今後は東京都の小池百合子知事にも面会予定で、東京都医師会の尾崎治夫会長は「東京五輪で亡くなる方とか、熱中症で倒れる事態を避けなければならないと、医療関係として強く思っている」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ