PR

東京五輪 東京五輪

伝統色をデザインに 東京五輪ボランティアユニホーム

初会合を前にあいさつを交わす選考委員の香取慎吾さん(右)とコシノヒロコさん(中央)=14日午前、東京都港区
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、ボランティアを含む大会スタッフのユニホームのデザイン選考について、大会の基本カラーである日本の伝統色の藍、紅、桜、藤、松葉の中から決める方針を明らかにした。大会スポンサーのアシックスと組織委で製作した30のデザイン案から絞り込み、来年3月中旬までに決める。公募は実施しない。

 14日には組織委のデザイン選考委員会の初会合が開かれ、大会マスコットの選考にも関わったファッションジャーナリストの生駒芳子座長は「東京はデザインの最先端の街。『さすが東京だね、かっこいいね』と言っていただけるユニホームを選べればと思う」とあいさつした。委員に選ばれた元SMAPの香取慎吾さん、ファッションデザイナーのコシノヒロコさんらも出席した。

 ユニホームのデザインは、競技会場内で一目見て大会スタッフと分かる必要がある「識別性」、老若男女が着ることができる「寛容性」などが求められる。機能面は暑さ対策として通気性を重視する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ