PR

東京五輪 東京五輪

【動画】有明体操競技場の建設公開 木製アーチをリフトアップ

2020年東京五輪の体操会場となる、有明体操競技場の建設現場。奥は設置作業が進む木製屋根のはり=7日午前、東京都江東区
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピックで大会組織委員会が体操などの会場として整備中の有明体操競技場(江東区)の建設現場が7日、報道陣に公開された。

 今回公開されたのは、屋根を支える木製アーチ(はり)のリフトアップ作業。幅69.6メートル、奥行き14.4メートル、重さ200トンのアーチを約30メートルの高さまで徐々に持ち上げた。同様の作業を繰り返し、国内最大級となる木製大屋根(幅約90メートル、奥行き約120メートル)完成を目指す。

 有明体操競技場は五輪で体操、パラリンピックではボッチャの会場として使用される。来年10月末の完成予定で、大会後は10年程度、東京都が中小企業向けの展示場として活用することが決まっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ