PR

東京五輪 東京五輪

五輪に向けテロ対策訓練 東京消防庁、会場爆破想定

テロ対策訓練で、トリアージの手順を確認する東京消防庁の隊員ら=27日午前、東京都品川区の大井競馬場
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて東京消防庁は27日、東京都品川区の大井競馬場などで、五輪競技会場を標的としたテロ対策訓練を実施した。都内の消防署なども含め全職員約1万8千人が参加、情報共有など各部署間の連携強化を図ることが狙い。

 訓練はターミナル駅での化学テロや、ショッピングモールや競技会場を狙った爆破などが短時間に相次いで発生したと想定。五輪の馬術競技の会場に見立てた大井競馬場では、爆破により約1500人の死傷者に対し、隊員約2300人が対応。けがの程度により治療の優先度を決めるトリアージや搬送の手順を確認していた。

 東京消防庁は五輪などでのテロや大規模災害に備え、指揮系統や消防・救急機能などを一体化させた「統合機動部隊(仮称)」設置の検討を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ