PR

東京五輪 東京五輪

五輪相が管制センター視察 警視庁、交通状況を確認

警視庁交通管制センターで信号機についての説明を受ける桜田五輪相=25日午前、東京都港区
Messenger

 桜田義孝五輪相は25日、2020年の東京五輪・パラリンピックで混雑が予想される東京都内の交通状況を確認するため、都内の信号機を制御する警視庁交通管制センター(港区)を視察した。

 大会では多くの人出が見込まれており、選手や観客らの円滑な輸送が課題になっている。

 警視庁交通管制課によると、センターでは都内の信号機のうち約半数を制御。道路上の車両感知器やカメラで交通状況を把握して渋滞を解消するために信号を調整するほか、日本道路交通情報センターを通じ、工事や交通規制といった情報の発信もしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ