PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪公式映画監督に河瀬直美氏

Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、東京五輪の公式映画監督に、世界各国の映画祭で多数の受賞歴を誇る河瀬直美氏(49)が就任したと発表した。河瀬氏は「『時間』を記録し、『永遠』となし得るドキュメンタリー映画の魅力を最大限にいかし、今大会の意義を世界に伝えたい」とのコメントを発表した。

 五輪公式映画は1912年ストックホルム大会以降、大会ごとに製作されている。当初は記録性の強い作品が多かったが、テレビが普及した60年代以降は著名な映画監督らが手がけ、独自の視点が取り入れられるように。64年東京五輪では市川崑氏が総監督を務め、芸術性の高い演出で当時の記録となる1950万人の国内観客動員数を記録した。72年札幌五輪では篠田正浩氏、98年長野五輪では米国人のバド・グリーンスパン氏が監督を務めている。

 河瀬氏は奈良県出身。97年にデビュー作「萌の朱雀」でカンヌ映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞したのをはじめ、2007年の「殯(もがり)の森」が同映画祭グランプリ(審査員特別大賞)を受賞するなど、一貫したリアリティーを追求した作品は世界中で高く評価されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ