PR

東京五輪 東京五輪

東京パラ 人気競技バランス良く 競技日程大枠固まる

 2020年東京パラリンピック(8月25日~9月6日)の競技日程の大枠が19日、固まった。国内外の人気競技をバランスよく配置し、大会を通じて盛り上がりが続くよう工夫された。同日、大会組織委員会と国際パラリンピック委員会(IPC)との事務折衝後の記者会見で発表した。

 東京大会では開会式翌日の8月26日から12日間、22競技540種目が実施される。16年リオデジャネイロ大会で前半だった射撃は後半、中盤だった車いすフェンシングは前半に実施。新競技のバドミントンは9月2日、テコンドーは同3日に開始する。競泳は午後決勝となる見通し。最終日のマラソンは五輪同様午前7時スタートとするなど、暑さへの配慮もなされた。

 これまで大会後半に集中していた団体競技のうち、車いすラグビーの決勝は大会最初の日曜日(8月30日)に実施する。大半の競技が午後10時までに終了するのも特徴で、武藤敏郎事務総長は「お子さまや高齢者を含むご家族やグループで観戦いただけるようにした」と説明した。

 日程の詳細は引き続き調整が行われ、来年夏にはチケットの国内一般販売が開始される予定。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ