PR

東京五輪 東京五輪

IOC委員就任の渡辺守成氏「伝統的スポーツは転換期」

Messenger

 「この時点で言えることは、今までの責任範囲は体操だけだったけど、スポーツ界全体になる。それは大変だなと。今、世界のスポーツ界、五輪が置かれている状況については楽観的でない。インターネットの出現によって、今まで通りテレビ放映権料が入ってくるか、とか。マーケティングメリットも段々変わってきているだろうから。高齢化社会、少子化の問題もあって、若者のスポーツ離れも。いろんなことを考えると決して楽観的じゃないし、うれしいというより重責だなと。スポーツが右肩上がりでない中、どうするかという話になると思う。ただ、どんなことにしろ解決策はあるはずだから。その解決策を探していくしかない」

 --日本人の現役IOC委員は、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と合わせて2人目です。

 「IF会長としての枠だから。たぶん(周囲は)日本人として見ていないと思う。FIG会長だからという見方はあると思うけど。FIGはIOCより歴史が古いというのが(選出理由の一つに)あるんだろう。自分1人の力じゃなく、何代にもわたって歴史をつくってきた人たちの成果だと思う」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ