PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪の大会運営費2200億円削減を報告 IOC理事会で組織委

 ビデオ会議で東京五輪の準備状況の報告を受けるIOCのバッハ会長(右)とコーツ調整委員長=4日、ブエノスアイレス(共同)
Messenger

 国際オリンピック委員会(IOC)は4日、ブエノスアイレスで理事会最終日の審議を行い、2020年東京五輪の大会組織委員会が、主に大会の運営費で2200億円余りを削減したことを報告した。昨年12月に公表した1兆3500億円の予算計画第2版からの削減ではなく、これまでの取り組みを積み上げた額としている。

 組織委は森喜朗会長らがビデオ会議で準備状況を説明した。

 組織委によると、競技会場の借用期間を短縮することで賃借料を抑えたほか、テスト大会の効率化、セキュリティー関連機器の見直しなどで経費を削減した。

 物価上昇などコスト増大につながる要素は依然として残っており、武藤敏郎事務総長は、年末に公表予定の予算計画第3版に向け「何とか1兆3500億円の中に抑え込む努力をしている」と述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ