PR

東京五輪 東京五輪

第2NTC周辺のバリアフリー対策で改善を 桜田五輪相に要望

 桜田五輪相(右)に要望書を手渡す日本パラリンピアンズ協会の河合純一会長=3日午前、内閣府
Messenger

 日本パラリンピアンズ協会は3日、パラリンピック選手も利用可能な施設として東京都北区に建設中の第2ナショナルトレーニングセンター(NTC)を巡り、周辺の道路や駅にアクセシビリティー(利用しやすさ)の問題点があるとして、桜田義孝五輪相にバリアフリー対策で改善を要望した。ことし8月に予定地から複数の最寄り駅までのルートを調査し、報告書としてまとめた。

 桜田五輪相は「全国各地のパラアスリートに安心して利用いただけるよう、周辺のバリアフリーが重要であるという認識だ。関係者が一堂に会する協議の場を速やかに立ち上げ、早急に改善策をまとめる」と述べ、対応する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ