PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪のボランティアらスタッフ愛称の選考開始

ボランティア案内パンフレットを配布する東京都職員ら=9月26日、東京都新宿区(飯田英男撮影)
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、ボランティアやスタッフの愛称についての選考委員会を東京都内で初開催した。この日は広告代理店などから「私が輝く」のコンセプトに沿った129案が示され、各委員が7票ずつ投じた。

 愛称は10月下旬の次回会合で最終候補3~5案に絞られた後、11月末から12月にかけて実施予定のボランティア応募者による投票で最終決定する。選考委の田中里沙委員(事業構想大学院大学学長)は「一体感を持って盛り上げていこうと思っていただけるような、参加感を醸成することを大切にしたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ