PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪・パラ組織委、円滑な入場へ実証実験 警視庁との合同訓練も

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、警視庁と合同で行われた実証実験=28日午後、東京都江東区(三尾郁恵撮影)
2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、警視庁と合同で行われた実証実験=28日午後、東京都江東区(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、競技会場などへの安全で円滑な入場を実現するため、東京都内で実証実験を行った。

 この日は組織委職員や民間警備員ら約千人が参加。手荷物検査場では手荷物の大きさなどに応じて中身のチェックだけで通過できるレーンと、X線検査機にかけるレーンの2つに分割したほか、事前に所持品をまとめるポリ袋を配布するなど、スピードアップへの工夫もみられた。

 大会関係者向けに初導入される顔認証システムでの本人確認も実際にチェック。不審者が紛れ込んだケースを想定した警視庁との合同訓練も行った。

 酷暑が予想される大会で、スムーズなセキュリティーチェックは暑さ対策の観点でも重要となる。組織委の岩下剛警備局長は「想定を上回る成果が出た。結果を精査して共有し、少しでも早く通過できる流れをつくりたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ