PR

東京五輪 東京五輪

五輪ボランティア募集 大学への授業日程変更通知に賛否 カギは「自発性の担保」

Messenger

 26日から始まる2020年五輪ボランティアの募集をめぐっては、国が大学などに対し、学生が参加しやすいよう授業や試験の日程について、柔軟な対応を求める通知を出したことが議論を招いている。参加を促すような内容に賛否が分かれ、専門家は「自発性の担保」を求める。すでに一部の大学では日程変更に“同調”する動きもある。

 通知はスポーツ庁と文部科学省が7月26日付で国公私立大と高等専門学校に出した。学生のボランティア参加の意義を説明し、現状のルール内で「届け出なしに授業開始日の繰り上げや祝日授業の実施の特例措置を講ずることなどが可能」と改めて伝えた内容だ。

 大会期間のみならず、業務内容によっては事前の研修が不可欠なものもあり、多くの大学で毎年8月まで授業や試験が行われている中、学生が参加しやすい環境を整える狙いがある。

 早々と日程変更を決定した大学も出ている。国士舘大(東京)は大会期間中を「特別課題研究期間」と位置づけて授業は行わないほか、期間外でも五輪関連のボランティア活動に参加する場合は公欠扱いに。担当者は「五輪では得難い体験ができる。希望者には、その機会を与えたい」。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ