PR

東京五輪 東京五輪

【ニッポンの議論】サマータイム 働き方改革への追い風/睡眠不足から健康被害

サマータイム導入 賛成のケント・ギルバート氏(右)と反対の神山潤氏
Messenger

 夏の時間を1~2時間繰り上げるサマータイム(夏時間)導入の是非を検討する議論が自民党で始まる。平成32(2020)年の東京五輪・パラリンピックの酷暑対策として大会組織委員会が政府に提案したことがきっかけだ。省エネ効果や消費拡大が期待される一方、健康への悪影響も指摘される。過去にも浮かんでは消えてきた導入の是非について、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏と、日本睡眠学会理事の神山潤氏に聞いた。

ケント・ギルバート氏

 --サマータイムをどう思う?

 「導入に大賛成だ。経済界や学識者で構成する日本生産性本部のサマータイムに関する会合に参加するなど長年、議論に関わってきた。日本の夏至の日の出の時間は地域によって異なるが、午前3時半から5時半の間。それなのに、多くの人は6時以降に起きている。明るい時間に寝ているのはもったいない」

 --日本では導入論がわき起こっては消えてきた

 「現在、経済協力開発機構(OECD)加盟国では35カ国中31カ国がサマータイムを導入している。日本では主に省エネ目的で議論されてきたが、『生き方改革』という観点から考えてみるべきだ。明るい時間を無駄にせず、仕事の後にスポーツで汗を流したり、子供と公園に行ったりすることができる。美術館や遊園地が遅くまで営業すれば平日もゆっくりと楽しめる。家族とのコミュニケーションが増え、ボランティア活動も促進される。経済波及効果も見込まれている」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ