産経ニュース

【2020年へのバトン】(中)アジア大会は“実戦テスト” 酷暑対策

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【2020年へのバトン】
(中)アジア大会は“実戦テスト” 酷暑対策

 ユニホームにいくつも三角形の穴が空いていた。のぞく肌に玉のような汗が浮かぶ。「熱がこもると思ったので自分で穴を開けた。東京五輪も、このくらいの暑さならレースできる」。男子50キロ競歩を制した勝木隼人(自衛隊)は、こう言って胸を張った。

 8月30日、午前6時から行われたレース。湿度や放射熱などを加味した「暑さ指数(WGBT)」は28度を超えた。日本陸連の杉田正明科学委員長によると、「原則、持久系の競技は中止するライン」という過酷な状況だったにもかかわらず、勝木には余裕があった。

 2キロごとの給水ポイントで今村文男コーチから氷を入れた帽子を受け取り、その都度、かぶり直して4時間以上歩き続けた。「脳の温度を上げない対策。明らかに効果があった」

 2年後の東京五輪では男子50キロ競歩が午前6時、男女の20キロ競歩とマラソンが同7時スタートだ。早朝とはいえ徐々に太陽が昇り、厳しい暑さが予想される。人間は深部の体温が40度を超えると運動機能が低下し、脱水や熱中症になる危険性が高い。

 高温多湿のジャカルタでのアジア大会を、日本勢は「仮想2020年」と位置づけ、さまざまなテストを行っていた。男子マラソンでは井上大仁(MHPS)が給水で工夫を凝らした。小型ポーチに特製ドリンクと水、保冷剤を詰め込み、まとめて受け取った。保冷剤は握って、手のひらで血液を冷やして循環させ体温上昇を防ぐ狙いだ。

続きを読む

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング