PR

東京五輪 東京五輪

【オリンピズム 道 東京へ】スランプ脱出へ導き出した答えとは  水面舞う“蝶”池江璃花子(3)

Messenger

 導き出した答えは「どんな練習も全力でやる」こと。“才能の塊”は世界大会で勝つため、一切の甘えを捨てた。

 決断したのは異国での武者修行だ。舞台は、日本から赤道を越え約7千キロ離れた豪州の地。“ぬるま湯”につかっていた自身と明確に決別し、覚悟を持って新たな地へ。

 今年1月。まなじりを決して1人、見知らぬ土地に立った池江が、初めて襲われたスランプから脱出するのにさして、時間はかからなかった。(西沢綾里)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ