産経ニュース

ものづくりの技術、東京パラリンピックに生かせ 大田区と中小企業がバスケ用車いす開発

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新


ものづくりの技術、東京パラリンピックに生かせ 大田区と中小企業がバスケ用車いす開発

大田区の中小企業が開発した車いすバスケ用車椅子(鈴木美帆撮影) 大田区の中小企業が開発した車いすバスケ用車椅子(鈴木美帆撮影)

 東京都大田区と区内の中小企業が、車いすバスケットボール用車椅子の開発を進めている。車椅子メーカーの協力を得て開発されたテスト用車椅子は、都内にある今年度天皇杯準優勝の車いすバスケットボールチーム「NO EXCUSE(ノーエクスキューズ)」で使用され、高い評価を得ている。区内企業のものづくりの力を2020年の東京パラリンピックを通じて、福祉分野などへ生かしていくのが狙いだ。

 バスケ用車椅子は昨年から共同開発が始まり、機械金属加工業を中心とする中小企業10社と車椅子メーカー、松永製作所(岐阜県)が協力して、「B-MAX made in Ota Tokyo Model(ビーマックス・メード・イン大田・東京・モデル)」を10台製造。今年2月から、同チームが練習や試合で使用し、現在も継続して使われている。

 区内企業は「キャスター(車輪)」と、車軸などに当たる「クランプ」の2つの部品を担当・開発した。車いすバスケでは、片輪を上げるプレーや車椅子が飛ぶほどの接触もあり、操作性とともに車体の強度が重要になる。

続きを読む

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング