PR

東京五輪 東京五輪

【五輪のサーフポイントから 千葉県一宮町(中)】NPO法人が水質調査 “聖地”守る地道な活動

海水温の測定や海水の採取を行うNPO法人「海のこえ」のメンバー=千葉県一宮町の釣ケ崎海岸(長谷裕太撮影)
Messenger

 「自分たちの海の状況をまず知る。そこから、今後の海岸環境のことを考えていく」-。7月末に行われた定期水質調査活動中に、NPO法人「海のこえ」(千葉県一宮町)理事長の秦和範さん(55)が活動の意義を語った。オリンピック開催地にも決定し、今後は世界的なサーフィンの“聖地”となることも期待される、同町の釣ケ崎海岸をはじめとした千葉のサーフポイント。その環境保全のために汗を流す。

 ■原発事故が契機

 海のこえはサーファーによる環境保護団体「サーフライダーファウンデーションジャパン」を前身とするNPO法人で、平成28年に設立。約30人のメンバーで活動している。競技サーフィンのオリンピック開催地に選ばれた釣ケ崎海岸をはじめ、いずれも千葉県内の太東(いすみ市)、一松(長生村)、東浪見(一宮町)、一宮(同)の計5カ所のサーフポイントで毎月末に定期水質調査を行うなどの活動を続けている。

 「きっかけは東日本大震災だった」と秦さんは語る。東日本大震災による東京電力福島第1原子力発電所事故で放射性物質の汚染が問題視され、千葉県内で開催された世界大会に海外選手が出場しないといった行動がみられるようになったためだ。「安全なサーフィンを楽しめるかどうかをしっかりと、この目で確かめたい」と思いを明かす。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ