PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】混雑緩和 交通量抑制・規制の二段構え 「超渋滞現象」回避へ待ったなし

Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック期間中の混雑緩和に向け東京都と大会組織委員会、国が民間企業などに協力を呼びかけ、交通量を抑制する交通需要マネジメント推進プロジェクトが立ち上がった。大会関係車両、観戦客らの移動などが見込まれ、渋滞の悪化が懸念されるため、時差出勤や休暇取得などを促して大会運営と都市活動の両立を目指す。十分な交通抑制を行わなければ、深刻な「超渋滞現象」(グリッドロック)が発生する懸念が指摘されており、東京大会の交通輸送対策は「待ったなし」の状況だ。(三宅真太郎)

経済団体からは「幅広い理解必要」

 「経済界の皆様には取り組みの牽引(けんいん)役になってもらいたい。一致団結しながら、大会の成功に取り組みたい」

 8日、都庁で開かれた交通需要マネジメント推進プロジェクトの発足式。鈴木俊一五輪相、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長、経済団体の代表者ら出席者に対して、小池百合子知事はこう呼びかけた。

 組織委と都は今年1月、「対策を講じなければ首都高の渋滞が2倍近くまで悪化する」との想定をまとめ、交通量抑制の「交通需要マネジメント」と、交通規制の「交通システムマネジメント」の二段構えの対策で臨む方針を打ち出した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ