産経ニュース

「鎮魂と再生」五輪式典の統括役・野村萬斎さんが復興の理念を強調

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新


「鎮魂と再生」五輪式典の統括役・野村萬斎さんが復興の理念を強調

(左から)パラリンピック担当のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの佐々木宏、オリンピック担当のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの山崎貴、開会式と閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの野村萬斎、東京2020組織委員会チーフ・セレモニー・オフィサーの中井元、東京2020組織委員会スポークスパーソンの高谷正哲=港区虎ノ門(撮影・今野顕) (左から)パラリンピック担当のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの佐々木宏、オリンピック担当のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの山崎貴、開会式と閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの野村萬斎、東京2020組織委員会チーフ・セレモニー・オフィサーの中井元、東京2020組織委員会スポークスパーソンの高谷正哲=港区虎ノ門(撮影・今野顕)

 「鎮魂と再生は芸能の重要な部分であり、その精神を生かすことが復興五輪にも意味がある」。2020年東京五輪・パラリンピックで開閉会式全体の統括役に決まった狂言師の野村萬斎さん(52)は31日の記者会見で、大会理念の「復興五輪」を意識した演出にする考えを何度も強調した。

 野村さんはこの日、白ワイシャツにチェック柄のジャケット姿。「今日は着物ではないが、見た目の日本的なことよりも、精神として内在する心のありようや優しさを世界に発信し、大会の精神をうたいあげたい」と意気込んだ。

 五輪を担当する映画監督の山崎貴さん(54)は「表現の仕方に日本らしさをひそませたい」と話した。パラ担当でクリエーティブディレクターの佐々木宏さん(63)は「パラスポーツには五輪にない面白い競技がいっぱいある。感動という今までのキーワードを、かっこいいやおしゃれに変えたい」と力を込めた。

このニュースの写真

  • 「鎮魂と再生」五輪式典の統括役・野村萬斎さんが復興の理念を強調
  • 「鎮魂と再生」五輪式典の統括役・野村萬斎さんが復興の理念を強調
  • 「鎮魂と再生」五輪式典の統括役・野村萬斎さんが復興の理念を強調
  • 「鎮魂と再生」五輪式典の統括役・野村萬斎さんが復興の理念を強調
  • 「鎮魂と再生」五輪式典の統括役・野村萬斎さんが復興の理念を強調
  • 「鎮魂と再生」五輪式典の統括役・野村萬斎さんが復興の理念を強調

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング