産経ニュース

【東京五輪】「シンプルかつ和の精神で」 式典演出の野村萬斎さんが抱負

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
「シンプルかつ和の精神で」 式典演出の野村萬斎さんが抱負

 記者会見する20年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の総合統括を務める狂言師の野村萬斎さん(右)、五輪担当の映画監督の山崎貴さん(中央)、パラ担当のクリエーティブディレクターの佐々木宏さん=31日午後、東京都港区  記者会見する20年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の総合統括を務める狂言師の野村萬斎さん(右)、五輪担当の映画監督の山崎貴さん(中央)、パラ担当のクリエーティブディレクターの佐々木宏さん=31日午後、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式を企画、演出する総合統括に決まった狂言師の野村萬斎さん(52)、五輪を担当する映画監督の山崎貴さん(54)、パラ担当でクリエーティブディレクターの佐々木宏さん(63)が31日、東京都内で記者会見した。野村さんは「復興五輪の名に恥じないような、シンプルかつ和の精神に富んだ五輪・パラリンピックになるよう全力を尽くしたい」と抱負を述べた。

 大会組織委員会は30日の理事会で、伝統芸能から現代演劇まで幅広い知見を持つ野村さんを全体のまとめ役とし、四つの式典を一体で演出する実施体制を承認した。

 音楽家の椎名林檎さんら5人の「4式典総合プランニングチーム」のメンバーも、引き続き中心的な役割を担う。最終的には主要スタッフだけで数百人規模となるチームを編成し、大会の象徴となる式典をつくり上げる。

このニュースの写真

  • 「シンプルかつ和の精神で」 式典演出の野村萬斎さんが抱負
  • 「シンプルかつ和の精神で」 式典演出の野村萬斎さんが抱負

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング