PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】大会マスコット出足好調 注文殺到で「在庫切れ」も

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの名前がミライトワとソメイティに決まり、行われたお披露目イベント=22日午前、東京・日比谷
Messenger

 全国の小学校の学級単位の投票でデザインが決まった2020年東京五輪・パラリンピックのマスコット「ミライトワ」「ソメイティ」の関連グッズが人気を博している。22日にぬいぐるみやTシャツ、タオル、キーホルダーなどの販売が始まると、公式オンラインショップには注文が殺到し、多数の商品が「在庫切れ」。大会組織委員会幹部は「想定以上の勢い」と好調な出足にうれしい悲鳴を上げている。

 「こっちの方がいいかな」「随分種類があるのね」。28日午後、東京都新宿区のビックカメラ新宿西口店に設けられた常設店舗「東京2020オフィシャルショップ」は、関連グッズを手に取る大勢の人たちでにぎわっていた。

 組織委はグッズ売り上げの5~7%をライセンス料収入として得る。収入目標の140億円を達成するには、2千億円以上の売り上げが必要。組織委幹部は「収入面も大事だが、マスコットは大会機運醸成のツールとしての役割が一番大きい」と話し、大会の盛り上げ役としても期待を寄せる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ