産経ニュース

ドーピング検査員の養成急務、JADAが東京で研修会

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新


ドーピング検査員の養成急務、JADAが東京で研修会

茶を尿に見立てて実施された模擬ドーピング検査。国際大会を想定して選手役への説明、指示は英語で行われた=29日、東京都港区(宝田将志撮影) 茶を尿に見立てて実施された模擬ドーピング検査。国際大会を想定して選手役への説明、指示は英語で行われた=29日、東京都港区(宝田将志撮影)

 2020年東京五輪などの国際大会に対応できるドーピング検査員を養成するため、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は29日、東京都内で研修会を行った。

 書類審査や英語力テストなどを通過した男女66人が模擬ドーピング検査を実施。陸上や重量挙げの試合場を模した会場で、選手役の外国人らを相手に検査手順の説明を英語で行い、採尿や検体の封印などを実践した。

 東京五輪では約450人の検査員が必要とされており、百数十人の不足が見込まれる。JADAは、不足する人員を新たに養成したい考えだ。

 浅川伸専務理事は「実際の現場に出る前のレベルを上げたい。19年は五輪のプレ大会が行われるので、種目を絞り込んで経験を積んでいきたい」と語った。

 研修に参加した神奈川県藤沢市の会社員、納谷洋之さん(42)は「最初は外国人相手で舞い上がってしまったが、調子が出てからは出来た。選手に近いところで東京五輪に携われれば」と話していた。

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング