PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪マスコット名「ミライトワ」 パラは「ソメイティ」

東京・日比谷で開かれたお披露目イベントに登場した2020年東京五輪の大会マスコット「ミライトワ」とパラリンピックの「ソメイティ」。左は組織委の森喜朗会長、右は東京都の小池百合子知事=22日午前
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は22日、大会マスコットの名前を決定し、東京・日比谷でお披露目イベントを行った。温故知新がテーマの五輪マスコットは、未来と永遠(とわ)を組み合わせた「ミライトワ」、桜の触角を持つパラリンピックマスコットはソメイヨシノと力強いという意味を持つ英語「so mighty」から発想した「ソメイティ」。この日からぬいぐるみなど関連グッズの販売もスタートし、機運を盛り上げる。

 イベントに出演したリオデジャネイロ五輪水泳銅メダルの瀬戸大也選手は「東京大会では金メダルを目指す。ミライトワのマスコットが欲しいです」と要望。イベント終了後、東京都の小池百合子知事は「これからますます機運を高める準備が整った。子供たちにかわいがってもらい、世界に伝わるよう努力していきたい」と語った。マスコットの作者でネーミングにも参加したデザイナーの谷口亮さんも「個性のある良い名前が付いた。気に入ってる名前が選ばれてうれしい」と満足げだった。

 ネーミングは専門会社に委託。五輪とパラリンピック各30の案から絞り、商標登録でかぶりがないかや、外国語で問題がある表現かどうかもチェックした。マスコットのデザインは、全国の小学校の20万を超える学級が参加した投票で選ばれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ