産経ニュース

【東京五輪】「復興」の理念から選ばれた聖火リレー出発地 

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
「復興」の理念から選ばれた聖火リレー出発地 

東京五輪・パラリンピックの調整会議で発言する組織委の森喜朗会長(右)。福島県からスタートする聖火リレーの日程が決定した=12日午前、東京都港区(代表撮影) 東京五輪・パラリンピックの調整会議で発言する組織委の森喜朗会長(右)。福島県からスタートする聖火リレーの日程が決定した=12日午前、東京都港区(代表撮影)

 ギリシャで採火した聖火をリレー実施前に「復興の火」として岩手、宮城、福島の3県で展示する計画も進む。日数配分でも、3県は、東京都外で複数の競技会場がある埼玉、千葉、神奈川、静岡の4県と同じ3日間となり、その他の道府県より1日多くなった。

 被災地復興と五輪との関係性に疑問の声もある中、東京五輪の聖火リレーは被災者を勇気づけるだけでなく、震災10年目を迎えた日本の姿と、困難を乗り越える不屈の精神を世界に示す121日間となる。(森本利優)

次のニュース

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング