PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】NIPPONフェスティバルのマーク公表

 発表された、2020年東京五輪・パラリンピックの文化プログラムのロゴマーク。右は制作者の野老朝雄さん、左は組織委文化教育委の青柳正規委員長=2日午前、東京都港区
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、大会の機運醸成や日本文化のPRを目的に20年春から展開する「東京2020NIPPONフェスティバル」のロゴマークを発表した。

 ロゴマークは大会エンブレム制作者の野老朝雄氏が担当。エンブレムと同じ3種類計45枚の四角形を組み合わせた風車のようなデザインで、野老氏は「大会とのつながりを表すことができればと考えた」と説明した。

 フェスティバルの期間は20年4~9月。組織委が共生社会の実現、東北復興など4つのテーマに沿った大規模な文化プログラムを主催。さらに国や全国の地方自治体とも連携したイベントを展開し、全国的な盛り上げを図る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ