PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】JOC、金メダル30個を目標に設定 過去最多は「16個」

山下泰裕氏
Messenger

 日本オリンピック委員会(JOC)は5日、東京都内で理事会を開き、2020年東京五輪での金メダル目標を過去最多の30個とすることを決めた。選手強化本部の報告を了承した。東京五輪で「金メダル数世界3位」を掲げてきたJOCが、具体的な目標数を設定したのは初めて。

 日本の過去最多の金メダル数は1964年東京、2004年アテネ両大会の16個。16年リオデジャネイロ大会は12個で国・地域別6位だった。山下泰裕選手強化本部長は「簡単ではないが、スポーツ界の力を結集すればいけるのではないか。30個獲得できれば、世界3位も達成可能と思う」と述べた。

 JOCは東京五輪へ向けた強化対策の一環で、国内競技団体を格闘技、球技などの分野ごとに集めたミーティングを実施。スポーツ庁などとも連携しながら各競技の現状把握と目標数の精査を進めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ