PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】五輪マラソン・競歩コース決定 浅草~銀座~皇居など経由 高橋尚子さん「走りやすい」

東京五輪のマラソンコース
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、五輪のマラソンと競歩のコースを発表した。マラソンはメインスタジアムの新国立競技場を発着点とし、浅草・雷門や東京タワー、皇居など東京の名所をめぐる42.195キロ。競歩は皇居外苑を舞台とした周回コースとなっている。

 マラソンは新国立競技場をスタート後、北上して靖国通りを東へ向かう。東京ドームのある水道橋や神田、日本橋を通過しながら浅草へ。浅草寺雷門前で方向転換して南下、銀座や新橋を経由し東京タワーに近い増上寺付近で折り返す。その後は皇居外苑の二重橋で再び折り返し、新国立競技場にゴールする。組織委によると、全体の高低差は約33メートルという。

 組織委は運営実績のある東京マラソンのコースを軸に検討。沿道警備にあたる警視庁など、関係機関と調整を進めてきた。5月下旬に国際陸上競技連盟の担当者がコースを視察し、正式承認された。組織委のアスリート委員長で00年シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんは「選手目線で言うと走りやすく、盛り上がるコース。名所を回るので飽きが来ず、応援しやすい」と話した。

 一方、招致段階は新国立発着で計画されていた競歩は、皇居外苑の二重橋前を発着点とし、内堀通りを周回する。男子50キロの場合、北は大手門、南は祝田橋付近で折り返すコースだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ