PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】マスコットの名前 最終候補を決定 7月上旬にお披露目

 東京五輪のマスコット(左)とパラリンピックのマスコット
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、大会マスコットの名前を決める審査会を開き、五輪とパラリンピックそれぞれの最終候補を決めた。12人の委員の投票で、8案について1~8位の順位を付けた。国際オリンピック委員会(IOC)の法務部門が行う国際商標調査をクリアすれば、そのまま1位が採用される。問題があれば、2位以下が繰り上がる。五輪の開幕2年前に合わせ、7月下旬に東京都内で行うお披露目イベントで発表する。

 4月の審査会では各10案まで絞り込みを実施。外国語で公序良俗に反する表現ではないかのチェックや、国内の商標調査を行った結果、五輪、パラリンピックともそれぞれ2案が除外された。当初、五輪とパラリンピックの候補をそれぞれ3つまで絞り込んでから商標調査にかける予定だったが、選考方法を変えた。

 マスコットのデザインは市松模様が特徴の近未来的なキャラクターに決まっている。生駒芳子副座長は1位の名前について「ポジティブで力強い」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ