PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】組織委とILOが覚書締結 

Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と国際労働機関(ILO)は26日、協力に関する覚書を締結した。五輪開催国の組織委がILOと連携するのは初めて。

 両者はディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)促進のため、啓発活動や企業の実践例の紹介などで協力。秋にはフォーラムの開催を計画している。

 組織委は「持続可能性に配慮した運営計画」の中で「人権・労働・公正な事業慣行等への配慮」を主要テーマの1つに掲げており、武藤敏郎事務総長は「両者の協力でディーセントワークの実現というポジティブな変化を残すことが、東京大会の重要なレガシーになる」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ