PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】日本の開催国枠、既に25競技309人 JOC集計

Messenger

 2020年東京五輪で日本に与えられる開催国枠の選手数の合計が、現時点で309人に上ることが12日、分かった。日本オリンピック委員会(JOC)が、既に各国際競技連盟(IF)に承認された25競技の開催国枠を集計し、10日時点の数字としてまとめた。

 卓球やボクシングなど開催国枠の詳細が未定の競技もあり、人数はさらに増える見通し。ただ、競技によっては開催国枠の全てを使わない可能性もあり、JOCの強化担当者は「そのまま出る人数とは限らない」と述べた。

 20年東京五輪では史上最多の33競技、339種目が実施される。選手数が最多だったのは1964年東京五輪の355人。前回リオデジャネイロ五輪は338人だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ