PR

東京五輪 東京五輪

【激動・朝鮮半島】金正恩氏、東京・北京五輪に北朝鮮選手の参加支持 IOC会長との会談で表明

 30日、平壌で会談するIOCのバッハ会長(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。労働新聞が31日掲載した(コリアメディア提供・共同)
Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は30日、訪朝した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と平壌で会談し、2020年の東京五輪と22年の北京冬季五輪への北朝鮮選手の参加について支持を表明した。両五輪参加に前向きな考えを示したのは初めて。AP通信が報じた。

 バッハ氏はこれに先立ち、北朝鮮オリンピック委員会委員長の金日国(イルグク)体育相とも会談。北朝鮮側から東京・北京五輪への参加の約束を取り付けたという。

 朝鮮中央通信も31日、金正恩氏とバッハ氏の会談を報じた。バッハ氏は、IOCが北朝鮮の東京・北京五輪への参加準備に長期的に協力する用意を表明。金正恩氏は、平昌五輪への北朝鮮の参加をめぐりIOCが「規定と慣例を越えて特例的な措置で協力してくれた」ことに謝意を示した。

 「凍り付いていた北南(南北)関係が劇的な解氷期を迎えられたのは全面的にIOCの功労だ」とも述べた。「今後もIOCとの協力関係が引き続き発展することを望む」とし、バッハ氏に「友人として」頻繁に訪朝するよう要請した。両氏は30日、女子サッカーの試合もともに観戦した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ