PR

東京五輪 東京五輪

【平昌パラ】「定着には道半ば」と日本障害者協議会の藤井克徳代表

Messenger

 日本障害者協議会の藤井克徳代表の話「パラリンピックは昔に比べれば社会にだいぶ定着してきたと言えるが、道半ばだ。メダルを獲得する人も限られていて、2年後の東京大会に向けた課題は多い。障害者は就労などに比べ、スポーツへの参加がまだ少ないのが実情で、支援の仕組みも整っていない。誰もが分け隔てなく参加できるインクルーシブ(包摂)の形を取っているが、障害者自身が日常生活でスポーツに関わり、盛り上げないと、市民社会には連鎖しない。東京大会は障害者スポーツのゴールではなく、内実を伴った本当の意味でのスタートとしたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ