PR

東京五輪 東京五輪

【写 2020】パラスポーツ 陸上・高桑早生 初志を貫き堂々と

練習グラウンドは母校の慶応大。「それぞれの足は違う動きをするのでバランス感覚を大事にしています」=横浜市港北区
Messenger

 2008年、高校1年の秋。大分国体と同時開催された全国障害者スポーツ大会のスタートラインに立った。左足には出場が決まり急いで作った真新しい競技用義足が光る。陸上を始めて間もない大舞台で、50メートルを1番で駆け抜けた。

 「スタジアム中の視線が集まって気持ちよかった。何より同じ目標を持つ陸上の仲間ができたことがうれしかった」。その達成感と爽快感は、自ら「黒歴史」と表現する、闘病と孤立感に苦しんだ中学時代には味わえないものだった。

 小学6年の冬、足首に鈍痛を感じた。4度の検査の末に判明した病名は骨のがん「骨肉腫」。放置すれば命に関わる。中学1年の6月、手術で左足の膝から下を切断した。

 2学期になって登校したが、慣れない義足生活に戸惑った。「(仲間と)一緒に外に出ようと思っても、私が靴を履き終わると、みんなもうはるか先。できないことばかりでへこみました」。スポーツが得意だったのに体育の授業を憧れの目で見ている自分がいた。

 しかし、この頃、陸上への思いを胸に秘めるようになる出来事があった。膝下切断の障害を持つパラアスリート、谷真海(旧姓・佐藤)さんの自伝「ラッキーガール」。義足で躍動する写真やポジティブな生き方に衝撃を受けた。義肢装具士の男性に誘われ、東京のスポーツクラブで競技用の義足で走る人も見学した。格好良かった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ