産経ニュース

【東京五輪】セーリングW杯江の島大会に向け実行委発足、五輪のテスト大会で万全態勢へ

東京五輪 東京五輪

記事詳細

更新

【東京五輪】
セーリングW杯江の島大会に向け実行委発足、五輪のテスト大会で万全態勢へ

セーリングW杯が行われる江の島。五輪と同じ会場となる セーリングW杯が行われる江の島。五輪と同じ会場となる

 2020年東京五輪のセーリング競技の会場となる江の島(神奈川県藤沢市)で五輪のテスト大会となるセーリングワールドカップ(W杯)が来年9月から3年連続で開催されることを受け、県や日本セーリング連盟などは実行委員会を発足させた。W杯は五輪と同じ海面を使用することから、「五輪の前哨戦」として、世界のトップ選手が参加する見通しで、五輪の成否を占う大会としても注目されそうだ。(川上朝栄)

 W杯江の島大会は来年9月9~16日と2019年、五輪直前の計3回開かれる。世界ランキング上位の選手のみが出場できる大会で、江の島で初めての開催となる。

 ■トップ選手が集結

 今年10月に開催されたW杯蒲郡大会(愛知県)では38カ国・地域から253人の選手が参加したが、来年の江の島大会は「それ以上の規模になる」(関係者)見込みで、競技種目は五輪と同じ10種目が実施されるという。

続きを読む

このニュースの写真

  • セーリングW杯江の島大会に向け実行委発足、五輪のテスト大会で万全態勢へ

東京五輪2020まであと

「東京五輪」のランキング